ベッキー危機一髪

a0091448_22523689.jpg


こんばんわ、しゃな母です。

とっても早い更新ですが、ベッキーの昨日の出来事を書いておこうと思います。

昨日、朝、ワンコさん達にリンゴをあげていました。

小さく、うすく切ったリンゴでしたが、みんなリンゴが大好き、

競争のように早く早くちょうだいともらったら、すぐに食べてまた欲しいって

毎回すごいことになります。

そんな状況で、ベッキーがリンゴを喉に詰まりかけたのです。

おえ~って繰り返し、何度か吐いて

私も、出せるようにタッピングしたり、体位ドレナージをしたら

苦しそうにするのがおさまり、歩けるようになり、

みんなより遅れて朝の食事もしました。

フードプロフェッサーで粉末にした消化管サポートのフードにお湯をかけて、

柔らかくしたものをあげました。

私の不注意でもあるのですが、他のわんこさんは食事も終わっていて、

ベッキーが食事をしていると、当然周りに集まってきて・・・

さっきまでみんなベッキーを心配して、そばで見守っていたのに、

やはり食事となると・・・

そうしたところ、しゃなさんが自分も欲しいとちょっとベッキーにわんと吠えてしまったのです。

ベッキーはびっくりしてしまい、食べたフードを吐いてしまいました。

吐くだけではなく、見る見る間に顔色や、舌の色が悪くなっており、

呼吸も深大性のゆっくりした止まりそうな呼吸になってしまいました。

慌てて、人工呼吸をして、鼻をすったりしたのですが、

改善がありません。

ショコラ動物病院にメールをして、向かいました。

母が運転してくれて、ベッキーは私が抱えて、励まし、声かけをして・・・

ゆっくりした呼吸はかわりません。

ぐったりして眼もうつろで・・・・

ほんとドキドキしてしまいました。

病院に着くと、先生はちょうど膵炎で亡くなったわんこと家族の人とお話をしていました。

先生はベッキーの様子をみて、一粒のお薬を口に入れてくれました。

10分ぐらい抱いて座って様子をみて・・・とのこと。

ゆっくりとベッキーの呼吸が普通に戻ってきました。

徐脈になっていたのですが、心拍も戻り、笑顔も戻りました。

喉につまったのと、びっくりしたことでのプレショック状態でした。

迷走神経反射でしょうか・・・

時間外だったので、家に帰り、お昼近くにもう一度病院行きましたが、

心配した熱も急激に上がって、また下がりました。

今は普通に戻って元気になっています。

雷がなって驚いてなる場合もあるそうです。

大切なベッキーが大変なことになったら・・・・

と、後悔とびっくりと、そしてよかった~と安堵の気持ちです。

お天気がよく、日中ベッキーを連れてお散歩に行こうと思っていたのに、

車での病院の2往復が散歩になってしまいました。

首や前足の筋力が弱いので、

吐くことも力が足りないのも今回の出来事で実感しました。

ベッキーには細心の注意が必要です。




ほんと元に戻ってよかったです。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
ぽちっとお願いしま~す。
by m-n-windy | 2009-12-02 23:26 | 今日のわんこ

犬と私のまったりとした日々


by m-n-windy