カテゴリ:メモリー( 5 )

しゃな’s ギャラリー

a0091448_22404799.jpg

キューティのけいちゃんがハンドリングです。



突然ですが~これはしゃなの2歳の誕生日の記念。




近畿インターでのお写真・・・




前にもブログに載せたんだけど、このごろ




たくさんの人がアクセスしてくれるので




もう一回載せてみましたぁ~~~





そしてお家のリビングには




a0091448_22432411.jpg





自慢でなくて~、きっとプロの方が見たら、




笑っちゃうかもしれないけど、私にとっては大切な宝物の空間です。




a0091448_2256451.jpg




お写真ピンボケしてるけど、小さい頃のしゃなで~す。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
これからもよろちくねっのぽちっをお願いしますぅ
by m-n-windy | 2007-09-04 23:02 | メモリー
福井のここあちゃんはしゃなとよく似てます。ここたんママさんからしゃなの小さい頃の写真みた~いとのリクエストが・・・・
前からブログしていたわけではなく、写真が少なくて・・・チャンピョンへの道で使った写真を使いまわし・・・
もう一度しゃなの小さい頃を皆さんに見てもらいましょ~。


a0091448_21533944.jpg


やんちゃで人一倍動いていたのに、フードは食べてくれなかったよね~

a0091448_21535070.jpg


ここたんよりちょっとコート全体がくりんとしてますね。

a0091448_215418.jpg


最後の写真は今のここたんくらいかな~。どんだけ~のちょんまげです。
by m-n-windy | 2007-05-25 22:00 | メモリー
シーズークラブ展での写真 ヤングアダルトのしゃな
a0091448_13433090.jpg

夏の間はただただコートの管理をしてラップしてはほどいてといてを繰り返していました。ラッキーなことにしゃなのコートは手入れしやすかったです。フェルトのようにはあまりならずに、手足のつけねにも毛玉もあまり出来ないタイプでした。秋になりドッグショーの再開です。ヤングアダルトになり最初は新潟の三条競馬場跡でした。そうここはしゃなが昨年デビューしたところです。跡地はそのままで何も変わってはいませんでした。今回はトイレの場所も判っていたので安心。去年は朝方、トイレがある建物の入る場所がわからず、川の向こうのコンビニまで30分くらい歩いたような・・・・この三条はリンクでおしっこやらテント前でう○ちした、ベビー時代のあの場面が思い出される地でもあります。
去年よりは少し遅い時期でしたが、9月の残暑で暑かったです。
その日は他の地域でもショーが行われており、頭数はまた少ないだろうと思っていました。また参加賞だな~なんて思っていたら、なんと目録には北関東や東北からの出陳がありジュニア3頭 ヤングアダルト3頭アダルト1頭、チャンピョン2頭がエントリーしています。おお~緊張するな~周りではしゃなに期待がかかっている言葉が聴かれます。プレッシャーでのどが渇き、てんぱってる私。「鍵がない?くしはどこ?」って慌てる私、「おねえちゃん大丈夫~ここよって」りんちゃん。 りんちゃんはドッグショーにも何回も来てくれて、私をサポートしてくれます。中1だけどしっかりしているし、サポートも上手。ブラッシングも上手にしてくれたりもする・・・りんちゃんがいない時は物を失くさないかとても心配。頼りにしてま~す!!
 さていよいよです。触診も問題なく、進みます。リンクでは私は小刻みに歩いてしまい、応援してくれる丸山さんや同じショーで仲良くお話している方からも、もっと大またで歩いて・・・とアドバイスをもらいながらのラウンドでした。ヤングアダルトでは勝つことができ、ジュニアのワンちゃんにも勝って、いつも対戦するチャンピョン犬のお~ちゃんには勝つことはできませんでしたが、しゃなは初めてのウィナーズで初のカードをもらうことができました。とっても嬉しいことなのですが、なんだか実感がなく、オレンジ色のカードだけは失くさないように、りんちゃんによ~くお願いをして岐路につきました。
 次は続いて、岐阜でのショーでした。この日は私はどうしてもはずせない用事があり、けいちゃんとけいちゃんパパで参加してもらいました。シーズーのジュニア以上は2頭の出陳、午後にも出場することになりましたが、プロも多いし難しいわ~と途中に携帯に連絡がありました。
「そうだな、そうだな、」って繰り返しながらも、結果をドキドキで待っていました。
 そして電話があり、エクセレントに入ったと~私は何のことかわからない周りの人にやった~やった~って握手してまわりました。2枚目のカードをゲットすることができました。けいちゃんと初めてラウンドしましたが、上手にできたようです。けいちゃんありがとうございましたぁ。
 そして待ちにまったシーズークラブ展が開催されました。私たちは北陸の地から総勢7名andワンちゃんで出場。ヤングアダルトはエントリーは3頭ありましたが、結局しゃなだけでした。、ウィナーズには選ばれることはなく、参加賞でした。でもしゃなは可愛く、上手にラウンドしてくれました。フリーステイもできまちた。たくさんのシーズーに会えて楽しいひと時でした。
その後、地元北陸でのショーを迎えます。
リンクでフリーステイのしゃな
 
a0091448_13432142.jpg

by m-n-windy | 2007-03-22 13:46 | メモリー
a0091448_21443534.jpg
2006年の冬が終わり、春のドッグショーのシーズンがやってきました。しゃなもジュニアになりいよいよです。3月に滋賀県でのショーがありました。ジャッジが女性でしゃなは触診はそれほど嫌がりまでんでした。ただ2頭の出陳、相手はチャンピョン犬。結果はラウンドの途中で決まってました。しゃなが半分歩いた頃で、ロゼッタはすでにもう1匹のワンちゃんに渡っていました。あっという間に終わってしまいました。
 次は4月に長野のMウエーブ駐車場でのショーです。朝早くについて、車の中で仮眠。晴れた日の朝はとっても冷えていました。シーズーはジュニア2、ヤングアダルト2頭でした。久しぶりのショーで気分はドキドキ、トップも上手に出来ずに、けいちゃんが見るに見かねてしてくれました。結果はジュニアでは選ばれ、ヤングアダルトのワンちゃんには負けました。そのときは全くわからなかったのですが、ジュニアの相手はフリーステイで、プロがハンドリングしていました。そのワンちゃんに勝てたことは私のハンドリングがよかったのではなく、しゃながよかったからでしょう。それよりも嬉しいことがありました。出陳が終わってリンクから出た時に、地元でシーズーもショーに出している有名なハンドラーの方が声をかけてくれました。「ちょっと触ってもいい?」と、「どうぞ、どこか悪いところはないですか」と私。しゃなを触ってその後に、「こんないいシーズー久しぶりにみました。ありがとう、頑張ってください。」と・・・・私は思わず、「ありがとうございます」と涙ぐみました。その後もそのハンドラーさんとはショーでお会いする機会があり、頑張ってる?とか活躍が楽しみね。チャンピョンになったときもお祝いの言葉をかけてもらいえました。長野でのショーの後に別の知人の方からも、いいシーズーがいたと別のハンドラーの方が言っていたとの話も聞きました。負けはしましたが、これまた嬉しいお言葉に悔しさは全くなく、単純な私はただただ喜んでいました。
 そして5月、隣の富山県での2日間でした。2日間とも同じジュニアで3頭の出陳がありました。シーズーがたくさん出ていました。関東や、関西の有名なブリーダー、ハンドラーがきていました。プロの中で素人の私、1日は雨にも見舞われコンディションも最悪でした。
 テントでの触診、トリミングテーブルにジュニア3頭が一緒に並べられるという場面ではしゃなはその真ん中、思いっきり嫌がり、一人だけジャッジにお尻を向けてしまう状態、水びたしのリンクを歩いてはくれましたが、結局、2日間は2席と3席という結果。
 ただ一人のジャッジにはまたまた帰り際にお言葉が、「構成はいいので、人慣れさしてください」と。それからはまた人なれさせるための練習です。思ったようにはいかない。でもいろんな人がしゃなを褒めてくれる。ますます私はプレッシャーを感じましたが、どうしてもしゃなをチャンピョンにしたい。応援して助けてくれている人がいるんだから頑張りたいとの思いが強くなりました。迷ったのですが6月に滋賀県のショーに出し、ジュニアでは勝ちましたが、チャンピョンと3頭の出陳で結局またまた敗北。夏までカードは1枚も取れませんでした。そして夏になり秋まではショーはお休みになりました。
a0091448_2140934.jpg
ジュニアの頃のしゃな (私が職場の異動でもらった花束の前で・・・・)
by m-n-windy | 2007-03-14 21:52 | メモリー
前回はしゃながドッグショーにデビューしたときのお話でした。付け加えると、1泊2日の旅でしたが、人間はホテル、しゃな達ワンコは車中泊でした。日中は暑かった新潟も夜は幾分ひんやりしており、車でも大丈夫でした。気になって夜中に駐車場に見に行ったのですが、しゃなはお利口さんに寝ていました。小さいのに一人でも落ち着いてバリケンで寝ることができるのはちょっと安心しました。

さて、歩かないしゃなは10月にも福井県でのドッグショーに参加しました。福井の大野の公園です。白峰の山越えをしていけば、近道、前回長距離でも全く問題なかったので、この道を選びました。このショーではベビーでの最後のショーで、一等一席でした。ブリード選でもちょっとしか歩かず、午後のグループ選は気が重かったです。やっぱり歩かずに終わりました。やっぱりね~なんて思っていると、ベストインのジャッジの方が、リンクから去ろうとしているときに、「いい子なのにもったいない」との言葉をかけてくれました。ジャッジの人はこんなことを言ってくれるんだあと思ったのと、結果は最悪だったのに、なんだか嬉しいような気持ちになりました。
 いい子ならなんとかしないと・・・・と思い始めた私。そのジャッジの一言が私にとっては最初の支えになりました。私だけの力ではだめだ・・・と思い、ショーでテントを並べて顔見知りになった訓練士さんにお願いすることにしました。ジャッジも男性が多く、男性の訓練士さんへお願いすることで、男の人にも慣れて欲しいとの気持ちもありました。何回か通ううちにしゃなは動かないしゃなからひょこひょこ歩くしゃなに変わっていきました。短時間で絶対に怒らない訓練士さんにしゃなも信頼をおき、楽しいそうに訓練を受けていました。そして、ベビーからパピーへ滋賀県のドラゴンハットでのショーではしゃなは歩いてくれました。ただ、パピークラスは2匹の出陳、しゃなは負けました。とってもお利口なワンちゃんで、ボディーもしっかりしている対戦相手は結局、そのショーのベストパピーに選ばれていました。
そのショーではパピークラスはシーズーがベストイン、オープンクラスではなんとお友達のワンちゃん オリザちゃんが、ベストインになり、興奮と、感動のショーでした。
しゃなの結果よりも、身近に目標となるオーちゃんがとても良い成績をとれたことが、とても印象に残っています。11月下旬のショーで2005年は終わりました。
a0091448_202234.jpg

パピーの頃のしゃなちゃん。  今見ると、ほんとかわいいっすぅ 親ばかですが・・・
当時はショーのことで頭がいっぱいで、こんなに可愛いしゃなだったなんて今更思ってしまいます。
by m-n-windy | 2007-02-18 20:30 | メモリー

犬と私のまったりとした日々


by m-n-windy