<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんばんわ、しゃな母です。

お久しぶりです。すいません。

降った雪も前の田んぼにもなくなり、春の陽気になってきました。

しゃなファミリーも元気です!!っと言いたいところですが・・・・・

てぃあもちゃんが先週怪我をしてしまいました。

母が帯状疱疹になり、仕事を定時で切り上げて買い物をして帰宅したところ・・・

いつも元気にゲージから出てくるてぃあもちゃんがしょんぼりしていました。

「どうしたの?てぃあも・・・・」

と声をかけて抱っこしたところ・・・・

「なんでこんなになったの~~」と叫ぶ私・・・

びっくりしました。てぃあもの右目が真っ赤でした。タオルに血がついているわけではないのに

眼が真っ赤なものに覆われて見えないんです。

よーく見ると、わずかに開く目は血の袋のようなものがくっついていて、目がどうなっているのか

わかりません。

いつものかかりつけ、ショコラ動物病院は水曜日の午後は休診・・・・

目の専門医なのでだめもとでTEL 

「もしもし・・・」っと応対にでてくれました。

なんで出るの??と言ってしまった私・・・

ちょうど、たな卸しをしていたと・・・この後に新年会なんだそうです。

状況を話し、すぐ病院へ・・・

また・・・しゃなママ・・・おおげさ・・・・看護師さんなのに・・・って思っていたそう・・

っで、てぃあもを見てこれは大変・・・・ということになりまいした。

目がだめになったのではなく、眼瞼の裏の粘膜に血液がたまり、下がってしまっていたのです。

右目の周りも赤く、ボクシングで殴られてしまったみたいになっています。

とにかく出血が止まる注射と点眼薬、そしてカラーをして帰宅・・・

翌日、仕事を途中で抜けて病院に受診、眼の中の出血は止まっていました。

抗生物質、消炎剤、点眼、眼軟膏を処方されました。

土曜日になると、粘膜の腫れは収まり、眼も見えるようになっていましたが、充血して、黒目に光が

当たると赤く光っています。

黒目が赤い・・・・また病院へ・・・・

隙間から黒目の中にも出血が流れていったそうです。


本日、再診でした。黒目は相変わらず赤目になっています。

ただ拡大はなく、これは時間がかかるようですが、出血が凝固して

眼の中の液体の流れる道をふさぐと、眼圧があがって緑内障になってしまうので、

先生がアメリカの病院で作ってもらっている眼圧を下げる飲み薬をいただきました。

人間の眼圧を下げる点眼薬は犬には今ひとつ効き目が弱いそうです。

なんでこんなになったか、母も寝込んでいてわからず、けんかしたのか、ぶつかったのか?

わかりません。

ただいろんなことがありますね。



今日のてぃあもちゃん・・・

a0091448_21324747.jpg


a0091448_21325558.jpg


カラーにもなれ、いろんなところにこつこつ当たりながらも動いています。

ただ、掻き掻きしたら大変なので、当分カラーっ子で頑張ってもらいます。

しゃな母もちょっと考え方を変えて、怪我の功名っていうことで、

カラーのおかげで頭を掻いたりできないので、逆に何回もセットしなくてよくなってます。

眼の周りにつく眼軟膏だけがやっかいですが、ちょっとおとなしいほうが、ラップも乱れずいい感じ

です。

ほかのわんこさんは元気にしていますが、
しばらく、てぃあもさんに要注意です。

ほんと最初はホラー映画のようでした。

まだかわいそうなのでお写真は撮れません。

後ろ姿で許してね~。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
てぃあも頑張れのぽちっをお願いしまーす。
by m-n-windy | 2011-02-23 21:47 | 今日のわんこ

犬と私のまったりとした日々


by m-n-windy